「稼げる文章上達法」~頭を使わないで文章を書いて上達する。秘訣はパクる!?

 

なぜ、文章が思うように書けないのか。

思いのままに、サクサク文章が書けたらいいですよね。

ですが、文章が思うように書けない。書けたとしても時間がかかる。
パソコンの前に座っても、なかなか文章が思い浮かばないことも多く、そのまま時間が経ってしまう。

今回は、そんなお悩みをお持ちのかたに、
「頭を使わないで文章の練習ができて、上達する方法」をご紹介します。
所用時間は、わずか10分です。

想像してみてください。
今よりも短い時間で、今よりも上手に文章が書けるようになれば、もっと稼げると思いませんか?

文章が苦手の方のための練習方法

文章で大切なことは「書く」こと。
ですが、そもそもネタがない!書くことがない!と悩み、「書かなくて」文章がニガテだと言っている人は多いです。

文章が上手くなるには、やっぱり「書く」こと。
このとき、ネタがなくても大丈夫なんですよ。

頭を使わず、文章を書く練習ができて、上達する。
しかもカンタンな方法があります。

それは、書籍や新聞などのお手本にしたい文章を、そのまま書き写す方法です。

ネタはお借りするわけですね。
「書く」というのは、何も自分の考えや思いだけではありません。
文章であればOKです。

メリットは、
・ただ手を動かすだけ、考えなくていいのでラク。
余計なお金がかからない。
時間もかからない。1日わずか10分で十分。
・読むインプットと、キーボードを打つアウトプットが、同時にできるという効率的な練習方法。
・練習していることは、誰にもバレない。
「文章がニガテだから、毎日練習しています」とは、ちょっと投稿しづらいかんじなので、陰ながら努力できるわけです。確実に上手くなる方法で。

ところで、成功の秘訣は「TTP(ティーティーピー)」というのを聞いたことはありませんか?

「てっていてきにパクる」(TetteiTekini Pakuru)

そうなんです。人の文章を書き写すのは、まさにこの「TTP」。
書籍や新聞にある文章は、公に公開されていますので、文章的に「成功」しています。

パクると言っても、もちろん、練習で書き写した文章をブログにアップしたりするわけではありません。あくまでも練習ですので、習字でお手本を見て書くような、そんな位置づけですね。 

それにしても書き写すだけで、本当に上手くなる?
その
疑う気持ち、分かります。

それが、事実、上手くなります。
ライターをやっていても、お恥ずかしながら文章が出てこないときがあり、自分の好きな書籍や、購読している神戸新聞の文章を書き写します。
手で書くのが一番良いのですが、私の場合はパソコンでひたすら打って打って打ちまくる!

すると、どうでしょう!
こんどは自分が書きたいことが、あふれてきますー。もうキーボードを打つ手が止まらない。あふれてくる文章に、指の動きが追い付かないくらいに。

なぜ、書き写しただけで、そんなふうになるのでしょうか?
書き写した文章は、確実にインプットされているからです。
文章が出てこないのは、あなたの中で文章というものが枯渇しているということ。
それならば、インプットすれば解決します。

練習した文章は、一見、自分に全く関係のないネタでも、同じ「文章」なのです。

目の前にある書籍や新聞をパッと開いて使えるので、今のあなたの環境ですぐに始められますよ。

この方法なら、ネタがなくても、頭を使わないで文章を書いて上達できます。
秘訣は、パクること!

パソコンの前で「書けなーい!」と悩んでいる時間、どのくらい経っていますか?
その時間が過ぎる前に、わずか10分の練習をオススメします。
10分をたった3日続けるだけで、自分でも上手くなったと実感できますよ。

この方法を実践すれば、あなたは、今よりも短い時間で、今よりも上手に文章が書けるようになります。

文章が上達して、時間まで余分に作ることができれば、今よりももっと稼げるようになります。

「稼げる文章上達法」についてお伝えしました。

それでは、またー♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP