記事の途中で文章が止まる本当の理由

こんにちは ブックライター 市川弘美です。

ブログ記事を書いていると、途中で止まってしまうことがあります。最後まで書ききれなくては、公開できません。せっかく時間をかけて途中まで書いたのだから、それを無駄にしないためにも最後まで書きたいものですね。

途中で止まる原因の一つに、途中から「良く思われたい」という気持ちがはたらき、本心ではない方向に向かうことがあります。文章は正直なので、少しでも本心からはずれると、そのうち筆がストップします。最後まで書けたとしても、どこかピンぼけのような、または違和感を覚える文章になります。

誰しも「良く思われたい」という意識ははたらきますが、これを文章でやっていると長続きしません。ブログを毎日書くぞと決めても、3日くらいで「ネタ切れ」が起きてしまいます。なぜネタが切れるかというと、本心ではないことを書こうとするからです。最初は1~2°のわずかなズレでも、そのまま進めば大きく差が広がります。自分とはかけ離れた自分で、文章を書くことはできません。

では、どうすればネタ切れにならないかと言えば、「等身大」で書くことです。今の自分の等身大を書けば、迷うことなく一気に書き進められます。良く思われたい・上手だと思われたいと思う自分を自覚し、そのような欲を捨てて、これが私と覚悟して書いていくしかないですね。文章はどれだけ自己開示ができるかどうかです。理論やノウハウを書いていても、本質は自分自身にあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP