出版企画書作成代行サービス

~商業出版の入り口~
出版企画書作成代行サービス

出版企画書を代わりに作成してほしい方出版企画書を自分で書きたいのでアドバイスがほしい方のための、出版企画書作成代行サービスです。

※今お申込みで、2021年4月からスタート(初回打合せ)となります。

    • 出版への漠然とした思いはあるが、出版の目的、ターゲット、概要、構成など企画のアイディアが決まっていない
    •  出版企画書の書き方を教えてほしい。
    •  出版企画書セミナーに参加したが、自分で企画書を完成できていない。
    • 出版企画書を代わりに書いてほしい。

上記にひとつでも当てはまる方は、出版企画書作成代行サービスをおすすめします。

出版への第一歩は企画があることです。

出版というと、まず、文章が書けるかなという心配をされる方が多いと思いますが、出版するにあたり、最初に必要なのは「出版企画書」です。

出版企画書とは、その本の概要、ターゲット、構成、著者プロフィールなどをまとめた企画書です。出版する場合は、本の原稿をいきなり書き始めるではなく、まず出版企画書で、「どのような本にするのか」を明確にします。

企画は書籍の骨組みとなる大切なもの。
最初にしっかりとした企画を作っておくことをおすすめします。

出版の目的、出版の思い、どのような本にしたいか、どんな内容と構成がいいのか、などをインタビューで引き出し、あなたに代わって出版企画書を作成いたします。

出版企画書作成代行サービスの特長

本の内容が決まっていなくてもOK】
出版の目的、ターゲット、概要、構成など企画のアイディアが決まっていなくても大丈夫です。あなたの出版への思い、出版の目的、ターゲットや内容構成は、インタビューで引き出します。ブログがあれば、ブログ記事を読んで、その内容も加味します。

考えがまとまっていないと言う方も、インタビューにお答えいただくだけで、出版企画書を作成いたします。

【出版企画書の添削やリライトも】
既に出版企画書がある方には、添削やリライトによりブラッシュアップさせていただきます。
どこをどう変更すればいいのか、何が追加で必要で、何を省けばスッキリするかなどを、アドバイスさせていただきます。

本1冊あるのだから、と色々な内容が盛り込まれた企画書が出来上がることがあります。
ですが、本1冊で伝えたいことは、1つです。1つに絞るのは意外と簡単ではなく、自分では気が付かないところで、2つ以上のことを伝えています。

ブックライター視点と読者目線の両方で、客観的にアドバイスさせていただき、より良い出版企画書に仕上げていきます。

【個別対応】
出版セミナーや出版企画書セミナーなど、大勢の前や同業者がいると、聞きづらいこともあります。完全個別対応ですので、どんなことでもお尋ねください。

そもそも企画書ってどんなもの?なぜ必要?など、どんな質問でも大丈夫です。あなたの出版への思いや、作りたい本の内容に合ったアドバイスをさせていただきます。

 

お問合せ

 

出版企画書に必要な項目

出版企画書に書く項目は、大体決まっています。
出版社によって、少しは異なりますが、表現の仕方が変わるだけで、中身は同じです。

・タイトル(本の題名)とサブタイトル
・概要や趣旨
・読者ターゲット
・目次構成案:章だてと小見出しのキャッチコピー
・プロフィール
・ボリューム:大まかなページ数または文字数
・納期
・その他出版社指定の項目

ここに書かれたことが、書籍作りの土台になり、企画書に沿って執筆を進めていきます。
迷ったり、行き詰まったりした時の、道しるべにもなるものです。

出版企画書作成代行サービスの詳細

◆打ち合わせ:2~3時間
◆納期:3~4週間

◆価格:10万円
◆特典:納品後1か月間は、何度でも訂正いたします。

※今お申込みで、2021年4月からスタート(初回打合せ)となります。

よくあるご質問

Q:セミナーで作成した出版企画書を持って行ってもいいですか?
A:はい、大丈夫です。お持ちください。作成代行、ブラッシュアップ、添削など、ご希望の対応をさせていただきます。

Q:何も決まってなくても、出版企画書を作ってもらえますか?
A:はい、出版の目的、誰に何を伝えたいのか、本に入れたい内容などを、インタビューで引き出し、それを元に出版企画書を作成いたします。

Q:自分で作りたいのですが、指導してもらえますか?
A:はい、企画書の項目、各項目のポイント、入れるべき内容など、作りたい本に合わせてお教えします。出来上がった企画書は添削をして、より良くなるポイントを具体的にお伝えさせていただきます。

 

出版企画書を作りたいけど何から手をつけていいか戸惑う方、イメージはあるけどカタチになっていない方、今あるものを見直したい方、質問もお受けしております。
まずはこちらのボタンをクリックしてお問合せください。

 お問合せ 

 

 

PAGE TOP