「人からどう思われるか」を気にする人の特徴

こんにちは 市川弘美です。

SNSでの発信では、人から「良く見られたい」という意識が多少なりともはたらきます。初対面の人と話す時にも無意識に、良く見られたいと思いながら話しをしていると思います。

人の目を気にし出すと、発信が遅れたりできなくなったり、発信した後コメントの内容まで気になったり。心がその発信に留まってしまい、仕事を進められなくなります。

反対に、人の目が気にならないと、どんどん発信ができて発信内容も伝わるようになり、ビジネスを前進させることができます。

そこで今回は、「人からどう思われるか」を気にする自分自身はどういう状態なのかを、紐解いてみます。他人の目を気にする自分自身を客観視することで、他人の目を気にしなくてすむためのヒントを得られます。

良く見られたいと思ったり他人の目が気になったりする時、自分はどういう状態なのでしょうか。私なりに分析してみたところ、3つのパターンになっていることが分かりました。

1.自分にアンテナが向いている
アンテナが自分自身に向いている状態です。読者に向いていません。良く見られたい、こんなことを書いてヘンに思われないだろうかなどと、自分のことばかり気にしています。自分にアンテナが向いているのは、自意識過剰や承認欲求が強い状態の時です。

2.伝えたいことが決まっていない
誰に何を伝えたいかが、明確ではありません。伝えたいことが明確であれば、ターゲットに伝わるにはどうすればいいか、読者に分かりやすくするにはどのように発信すればいいか、ということに意識が向くはずです。ですが、伝わるにはどうすればいいか、という以前に、そもそも伝えたいことが決まっていないのです。

3.ブレている
自分の軸がブレているため、他人の目が気になります。自分の考えを発信するのでなく、他人の期待に応えようとします。しかし、その他人の期待は人それぞれなので、みんなの期待に応えることなんてできません。ブレていなければ、他人の目は気にならないですし、自分はこう!という確固たるものがあるので、他人がどう思おうと自分を通せるわけです。

 

「人にどう思われるか」が気になる時の状態は、3パターン。自分にアンテナが向いている、伝えたいことが決まっていない、そしてブレている状態です。

では、他人の目を気にしないためにはどうすればいいか。それは、3つのパターンの反対になればいいわけです。

読者へアンテナを向ける、誰に何を伝えたいかをハッキリせる、ブレない

この3つをクリアすれば、他人の目は気にならなくなり、ビジネスを前進させることができます。また発信は、自分が良く思われることが目的ではないはずです。今一度、何のための発信なのか、何のためのビジネスなのかを振り返ってみれば、お客様にアンテナを向けることができ、伝えたいことが明確になり、他人の目が気にならなくなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP