必要なのはタブレットorスマホ1つ。自由に読書~いつでもどこでも電子書籍でオンライン読書ライフ♪


電子書籍、ダウンロードして読んだことはありますか?

電子書籍とは、スマホ、タブレット、パソコンなどの画面で、インターネットを介して読むことのできる書籍。PDFやAmazonのKindleが一般的で、E-Bookともいいます。電子書籍は「オンラインで読む本・冊子」ですね。

電子書籍って、読書の自由度が広がります。
スマホやタブレット「1つ」に読みたい本がぜんぶ入っている。だから、

読みたいと思ったときに、その場で、読みたい本を、読みたいだけ、読めます。

言い換えると、

好きなときに、好きな場所で、好きな本を、好きなだけ。

あ、↑何かの本のタイトルみたい。。。元にもどって、

 

読みたいと思ったときに、その場で、読みたい本を、読みたいだけ、読める。

これが、自由な「いつでもどこでも電子書籍のオンライン読書ライフ♪」です。

私はこの2カ月半のお家生活で、電子書籍を15冊ほど読みました。
それで、「電子書籍は、自由に読めていいわー」を実感したわけです。

なぜ「自由」なのかというと、
①読みたいと思ったときに、いつでも
②その場で

③読みたい本を
④読みたいだけ

読めるから。今回は、そんな自由な読書~オンライン読書ライフについてお伝えします。

電子書籍の作り方 市川弘美

①読みたいと思ったときに、いつでも

電子書籍は、タブレットorスマートホンの中に「全冊」入っています。
外出先で、ふと時間が空くと「今日は、本を持ってくればよかった」と後悔したことはありませんか?(この2カ月半は外出することはありませんでしたが)。電子書籍だと、タブレットorスマホさえ持ち歩けば、「時間が空いたから本でも読もう」と思ったときに、いつでも取り出して読むことができます。

調べものをしたいときは、キーワード検索すれば、あなたに合った書籍をアプリが教えてくれます。電子書籍は大体プレビューがあるので、内容を知ってからダウンロードできますね。

読みたいとき、調べたいとき、すぐに行動できるので、時間を有効的に活用できるわけです。

 

②その場で 

電子書籍を読むには、インターネット環境が必要なのは言うまでもありません。コロナで会社のテレワーク推進や、小学生もオンライン授業を受けている時代。インターネット環境のない所に身を置くことのほうが難しい。

なので、電子書籍は、いつでも「その場」で読めるものなのです。

 

③読みたい本を

AmazonでもKindleでも、電子書籍だけを検索できます。検索機能は、ただキーワードを含むだけのものではなく、あなたのニーズに合った結果を出してくれるでしょう。

読んでいる途中のものは、前回に読み終わったところで自動的にページが開かれるのは、とてもラクです。

書籍だけではなく、雑誌もあるので、電車のつり広告を見て、すぐにその雑誌を開くなんてこともできますね。

 

④読みたいだけ

2冊でも3冊でも何冊でも、タブレットorスマホ1つで、その場で時間の許す限り、読書を楽しめます。1冊を通読したり、5冊のそれぞれの必要なところだけを読んだりと、とっても自由気ままに読めますね。

 

読みたいと思ったときに、その場で、読みたい本を、読みたいだけ、読める電子書籍。

1冊の本は、知らなかったことを知ることによって、視野を、私たちの世界を広げてくれます。

あなたも、タブレットorスマホ1つで、いつでもどこでも電子書籍のオンライン読書ライフ♪を楽しみませんか?

電子書籍の出版 市川弘美

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP