本屋さんでは、交感神経が優位か?副交感神経が優位か?

今日は三宮のジュンク堂で半日すごしました。
足で稼がないとね!(笑)
パソコンの前に座ってばかりいて毎日同じ景色を見ていても、おもしろくないですしね。いろいろと調べものをしてきました。やっぱり現場は、情報の量・質ともに違いますねー。収穫に満足です♪

ところで、本屋さんて、興奮しません?
「さぁーお目当ての本を探すぞ~」みたいな戦闘モードのアドレナリンが出るような気がします。戦いとまでは言わないまでも、アンテナ張りまくって前のめりになっちゃいます。

その興奮度合いが心地よくて、色々な本をパラパラとめくりながら、時間を忘れてしまう
本来は色々と仕事関連のリサーチしようと思ってわざわざ足を運んでいるのですが、料理の棚とか茶道の棚とか、つい立ち寄ってしまい、またまた時間を忘れてしまう。道草は楽しいものなのです。

実際に活字を読んでいるときは、戦闘モードとは反対の、けっこうリラックスしている感じでしょうか。心を落ち着けて集中して読んでいますね。

三宮のジュンク堂書店には、学生時代から通っているから、かれこれ30年あまり!?Σ(・□・;) 神戸で思い入れのある場所の1つです。こうして今、本に携わる仕事をしている自分は、あの頃まったく想像もしていませんでした。

人生っておもしろいですね。

それでは、またー♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP