出版のメリットを確実に手にする「出口戦略へのロードマップ」の描き方 オンライン化や新しい収入の柱として電子書籍を出版したいかたへ

こんにちは、ブックライター 市川弘美です。

「出口戦略へのロードマップ」

ここ数日、この言葉をよく聞きますし、一度聞いたら忘れられませんね。
うまい!と思わず心の中で叫びませんでしたか?

大阪の西村府知事か、東京の小池都知事か、どちらが先におっしゃったのか知らないのですが、関西に住んでいるからか、最初に聞いたのは、西村府知事からだったと記憶しています。関東に住んでいるかたはどうですか?

いずれにしても、とっても分かりやすい言葉ですね。

 

この「ロードマップ」を、出版に当てはめてみます。

例えば、出版が決まってから、書籍の刊行(発売)までには、決められた「ロードマップ」があります。
出版決定、企画確定、原稿執筆、原稿完成、デザイン、印刷、書店やAmazonで販売、という手順や方法がそれです(かなり大まか)。

 

出版の仕事をしていると、よく聞かれる質問があります。

「出版したらどうなれますか?」
「出版するメリットって何ですか?」

この質問への答えにも、「出口戦略へのロードマップ」が当てはまるのです。

出版してから「自分がどうなりたいか=出口戦略」を決めて、そこへの「ロードマップ」を描いておくということ。

例えば、もしも、私が
『初めての出版 一発でOKをもらう原稿10万文字の書き方』
『「響く」より、「分かりやすい」文章が読まれる本になる』
なーーんていう書籍を出版するとなったら、私の望む未来(どうなりたいか)はこうです。

本を読んだ人が、「本の原稿の書き方を教えてほしい」と私のところに行列をつくること。そして、その人たちが書いた本の原稿が一発でOKをもらえること。
分かりやすい文章の本ができること。

原稿を書くのは苦しみだけではありあません。ものすごい量の原稿でも、書く「楽しみ」も必ずあります。

そうやって楽しく書いた本が、売れに売れて、多くの読者に「おもしろい!」「分かりやすい!」と感じてもらいたいです。書店入口の話題書コーナーに積まれてニヤニヤします。英訳されたりして。。。

こんなふうになれる為のロードマップを、作っておくことが大切です。
実現したらメチャメチャ嬉しいですねー。(すべて妄想、いや幻想です♪)

 

あなたは出版して、どうなりたいですか?

出版して、お客様を増やしたい、ビジネスを発展させたいなど、出版のメリットを確実に手にするために、「出口戦略へのロードマップ」を具体的に描いておくことをおすすめします。

 


電子書籍の出版 市川弘美

電子書籍の出版 市川弘美

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP