ネットでシニア層を集客したい方必見!商品・サービスの価値をシニアに響く言葉で言語化「シニアを動かすセールス文章の法則」

シニア向け商品・サービスをネットで販売されている方は、「どう伝えればシニアに響くのか?」と日々お悩みではありませんか?
そこで、今回は、「どのようなセールス文章が、シニアに響くのか」をまとめました。

 

なぜ、「シニアに響く伝え方」が難しいのでしょうか?
それは、お客様であるシニアが、何に関心があって、日々どんな気持ちかを知らないからです。

シニアの関心事やふだん何を思って暮らしているか、それを踏まえないで、商品・サービスのメリットなどを紹介しても、シニアにとっては「他人ごと」になってしまいます。

読む人の心に響く文章を書くためには、読む人の心を理解することから始めます。
この記事では、シニアの心の底にある「感情」を知り、シニアの心を動かす言葉=シニアに響く言葉についてお伝えします。

 

シニアの方たちは、現役とはステージがちがう状況にあります。
現役のころは、子供や仕事中心の生活。シニアになると、子供が巣立ち仕事をリタイアします。
大切なことが、子供・仕事から、自分自身へと変わるのです。

それまで無頓着だった、自分自身のことに目を向けることになるシニア。
シニアの3大不安が、お金、健康、そして孤独なのもうなずける話ですね。

お金は、一般的にはセカンドキャリアや年金収入となります。いきなり財産が何千万も何億もなり、一生使えきれないほどのお金が入ることは、宝くじか何かに当たらない限りないでしょう。
「老後2000万円不足」が日本中を揺るがしたニュースは、記憶に新しいところです。「うちは、大丈夫か!?」とすぐにでも通帳を確認したくなるじけんでした。

健康では、それまではガムシャラに突っ走ってきて、ふと立ちどまり、自分に目を向けるようになると「トシには勝てない」という言葉を実感するでしょう。
持病があってもなくても、年齢と健康は切っても切れない関係にあり、誰しもが不安を抱き、大きな関心が寄せられます。

孤独については、社会とのつながりが途絶えるという劇的な変化や、子供が巣立つ寂しさにも直面します。

少しおおげさに聞こえるかもしれませんが、大なり小なり、シニアなら誰しもが、3つのうちの何かしらの不安を心のどこかに抱えているということなのです。

 

このような状況を鑑みて、改めて考えると「シニアに響く言葉」って何でしょうか?

根底に持っているこの3大不安に、わずかでも他の不安が重ならないようにすること。
それが、シニアに響くセールス文章の法則の1つです。

あなたの商品・サービスのセールス文章は、この法則にかなっていますか?

具体的に、シニアに響くセールス文章例を沢山お伝えします。
勉強会はこちらを↓↓↓クリック。
ネットでシニア層を集客したい方必見!
「シニアを動かすセールス文章の法則」勉強会
-SSS method- byシニア専門セールスコピーライター

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP